岡山県(桃県)にいると言われる妖怪一覧

  • アズキアライ

音の怪。小豆洗い。県内各地。昔話「竹伐爺」の屁の音に「小豆さらさら、小米さらさら」というのがあるが、これは小豆洗いの音と同じ。

 

  • イソオンナ

海の怪。磯女。笠岡市の白石島に出た。女姿で豆絞の手拭を被り、小笠の浜を行き来していたが、漁師が一人でも出ていくとすぐ消えてしまったという。

 

  • オオガメ

動物の怪。大亀。和気郡香登の大池、御津郡馬屋下村大窪の奥田池などの主という。人の尻子玉を抜くという。旭川の淵でよく子供をとった。

 

  • オケツ

動物の怪。俗に鬼子という産怪の一種。お産には注意しないとオケツというものが生まれる。形は亀に似て背中に蓑みの毛げがあり、胎内から出るとすぐ縁の下に駆け込もうとする。早く殺してしまえばよし、殺しそこねて産褥よくの真下にくると産婦が死ぬといわれている。

 

  • カイフキボウ

音の怪。貝吹き坊。和気郡の熊山城址にいたという怪。法螺貝を吹くような声で啼くが、姿を見たものはいない。

 

  • カッパ

水の怪。河童。御津郡福渡村福島。子供らが相撲をとっていると、見知らぬ子供が来て相撲をとろうという。頭に皿があるので子供たちはその水を無くそうと頭を振ると河童も真似をして振り、水を失ってなにもできずに去った。岡山から邑久郡、水泳の最後に飛び込む時「ゴンゴ(河童)のおんじめ、また来て浴びよ」と唱えると、次に泳ぐときも難に遭わないという。

 

  • ガラン

家にいる妖怪。寺にいて、ひどく物惜しみをするという。

 

  • カワコウ

水の怪。河童。後月郡西江原町ではカワコウマツリを行う。この祭りのときひょうたんを腰につけていないと尻を抜かれるという。

 

  • コソコソイワ

音の怪。御津郡円城村(加茂川町)にある岩。横五尺ほどで、夜分、その傍らを通ると、こそこそという物音がする。

 

ゴンゴ
水の怪。岡山市付近で河童のこと。ゴーゴ、ゴンコウジともいう。小児のようで頭に皿があり相撲を好む。子供が水泳ぎのときの唱え言に「ゴンゴのおんじめ、また来て浴びよ」という。おんじめは終わりの意味と解されている。御津郡豊岡村では水中に住む怪で、亀の形をしており、左右の手が通っているという。

 

  • サガリ

道の怪。下がり。道のそばの榎から馬の首がぶらさがるという。

 

  • シャクシイワ

道の怪。杓子岩。苫田郡泉村箱の箱神社近くにある岩。夜間この傍らを通ると、味噌をくれといって杓子をつきだす。

 

  • スナマキダヌキ

動物の怪。砂撒き狸。阿哲郡。通る人の頭上から砂を撒く。

 

  • スネコスリ

道の怪。小田郡。犬の形をして雨の降る晩に、通る人の足の間をこすって通る怪。

 

  • タヌキノカイ

動物の怪。狸の怪。備中松山あたりに老狸がいた。月夜に見れば人と変わらず、言語も人と同じであった。鉄砲で撃とうとすると直ちに消える。盲人に化けて毎月両三度、作州(美作)に手引に引かれていったが、ある時、犬に噛み殺された。

 

  • チュウコ

火の怪。宙狐、中狐。備前地方で空中に見える怪火。狐火、火の玉のこと。狐が空中に火を点ずるという考えから起こった名らしく、その火の高く飛ぶのをテンコ(天狐)、ゆらゆらと低く飛ぶのを中狐という。邑久郡豊原村では狐が古くなるとチュウコになって飛ぶという。

 

  • テンイチサマ

山の怪。天一様。阿哲郡上刑部村(大佐町)でいう。山でこのものに会うと、体の具合が悪くなったり足が痛くなったりする。

 

  • テンコロ

動物の怪。ツチノコのこと。

 

  • テンコロコロバシ

道の怪。邑久郡のある地に出る。夜分、ここを通ると、テンコロがころころと坂道を転がっていくのを見る。テンコロは衣を打つ台、砧のこと。砧を打つのに使う、柄が真っ直ぐついた木槌もテンコロといっている。また茶碗転ばしの出るという場所もあった。

 

  • ナマズギツネ

動物の怪。鯰狐。夜、小川のほとりを歩いていると「ガボ、ガボ」といういかにも大きな魚の上る音がする。足を止めて覗くと川上で音がする。急ぎそちらへ行くと、さらに川上で「ガボ、ガボ」と繰り返す。歳老いた鯰の仕業という。

 

  • ナンドババ

家にいる怪。納戸婆。赤磐郡、上道郡でいう。納戸からホーッといって出てくるが、庭ぼうきでたたくと縁の下に逃げ込むという。

 

  • ヌラリヒョン

海の怪。海坊主のこと。備讃灘に多い。頭大の丸い玉が浮かんでいるので船を寄せて取ろうとするとヌラリと外れて底に沈み、またヒョンと浮いてくる。これを何度も繰り返して人をからかう。

 

  • ヒトツメコゾウ

道の怪。一つ目小僧。久米郡久米南町。夜間、一口坂を通ると古松の枝の上から青白い光を発しながらとびだす。人が腰をぬかすと長い舌で頭をぺろりとなめる。

 

  • マメダ

動物の怪。山村でいう。旧家の納戸に入ると、時に三、四歳の子供ほどの白髪の老婆がものもいわずにチョコンと座っている。屋敷内に住む小狸という。

 

  • ミコシニュウドウ

道の怪。見越し入道。見上げれば見上げるほど丈が高くなり、ついには人の背後から覗くようになる。

 

  • ヤマヒメ

山の怪。山姫。岡山の深山にいた。二十歳ほどの女性で、眉目秀麗で珍しい色の小袖に黒髪の艶やかさは限りなく、この世のものとも思われなかった。出会った猟師が鉄砲で撃ったが弾を手でつかんでにこりと笑ったという。この怪は気にいれば宝をくれるのだという。


このページの先頭へ戻る